おならがどうして出るのか、疑問に思ったことはありませんか? おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)は老若男女問わず、どなたでも出る生理現象ですが、一体何故出るのでしょうか? ここでは、その理由に関して説明したいと思います。 実は、私たちは食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)を口にする時に、空気も一緒に吸い込んでしまっているのです。 その空気(流れが生じると風と呼ねれますね)のほとんどは「げっぷ」などで体外に排出されるのですが、体の奥まで入ってしまう可能性があるでしょう。 その空気が蠕動運動により、どんどん下にいくと、最後にお尻からおならとして出るという訳です。 そのために、おならのほとんどは空気だと思ってください。 ちなみに、蠕動運動というのは、食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)を食べた時に、平滑筋・縦走筋・環状筋と言う筋肉が弛緩や収縮を繰り返す運動のことを言います。 この運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)が正常に機能しないと、便秘になってしまうでしょう。 そして、その空気がお腹で発生したガスと混じりあうため、臭いが生まれます。 つまり、便秘などでお腹に臭いの元になるガスが発生していなければ、おならが出ても臭くないといわれているんですねー